医療レーザー脱毛について知っておこう

医療レーザー脱毛というのは医師免許のある医師や、管理下にある看護師のみが使用できる脱毛方法のことをいいます。

医療行為であることから厚生労働省から許可を得た機械でしか使用することは出来ません。医療レーザー脱毛は毛根部分にある黒い色素メラニンを熱で破壊し脱毛するためほぼ永久的に生えてこなくなります。

エステサロンなどでも脱毛処理を行っていますが、IPLと言った医療レーザー機器より出力の弱い機器を使用しているため効果が若干薄いです。

医療機関でのレーザー脱毛ではとくに肌トラブルのある、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人に対して施術方法や出力の加減などを個人に合わせながら行うことが出来るので、肌にトラブルが起きた場合でもすぐに処置が出来る状況にあります。

自己処理で肌を痛めてしまっている人には効果的な脱毛方法でしょう。

レーザーはほとんど痛みを感じませんが、人によっては多少痛みを感じる場合があります。

回数としては脱毛箇所によりますが、2~3ヶ月ごとの約1年くらいを目安に通う必要があります。

不安な場合は事前に医師と相談して自分の肌の状態とやりたい箇所を明確にすることで、時間と費用を把握しておくといいでしょう。

越谷 脱毛
一度は訪れたいとの声が高い人気の越谷脱毛サロン!

危険な脱毛について

脱毛の施術は、最近ではエステサロンだけでなく医療行為として皮膚科などの医療機関でも行われています。

医療機関では、効果がきちんとでる出力の強い器械を用いて施術が行われます。

対して、エステサロンや美容クリニックでは、
医療行為ではないため個人が使える限度の出力の弱い機器で少しずつ施術をしていくということになります。

医療機関で脱毛を行うほうが効果ははっきりと出ると言われていますが、
価格はサロンや美容クリニックの方が安く、
またレーザーの出力も弱いので皮膚へのダメージはより少なくなります。

医療行為と聞くと危険性はないように思われますが、
使っている機器は出力が強いものですので、
必ずしも全ての人の皮膚に合うとは限りません。

皮膚へのダメージや火傷などの危険はついてきます。

また医師免許を持っていないエステサロンやクリニックが医療レーザーを扱うことは違法でありとても危険です。

脱毛をこれらの場所で行う場合は施術前にしっかりとこの点を確認する必要があります。

認識不足のエステティシャンによる違法な医療行為はとても危険なものです。

後に残る火傷の跡や皮膚へのダメージを最小限にするためにも、
施術をする場所選びは慎重にする必要があります。

永久脱毛にはニードル脱毛と医療レーザー脱毛があります

ムダ毛の処理を自分で行っている人は、
毎回行う自己処理から開放されたいと考える事でしょう。

永久的にムダ毛が生えてこなければ、
処理をする手間が省け大変楽になります。

その為には、クリニックやエステサロンなどで、
永久脱毛の施術を受ける事が必要です。

続きを読む →